エキサイトイズム エキサイト | イズム トップ | サイトマップ
<   2005年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
心をこめた挨拶がスムーズな人間関係を生む
2月25日から始まるドワンゴの携帯サービス「パケラジ」(パケットラジオ)って知ってますか。映像を見ながら聞ける携帯ラジオみたいなもので、音声と画像、文字情報を組み合わせた番組を配信。その記者発表(22日)に、私とうちのタレント、小林恵美と五十嵐りさ、伊藤あい、大網亜矢乃、太田彩乃も出席しました。
うちのグラビアをやっているコたちの番組もあるので、その制作発表を兼ねて挨拶にね。もちろん、女のコたちのおしゃべりと一緒に水着姿や撮影現場の裏もお見せできると思うので、楽しみにしていてくださいよ。

週末はまた雅のイベント&プロモーションで出かけてきます。26日が熊本、27日が福岡。以前お話したように、向こうでのテレビ出演もあるので、私も一緒に行って「よろしくお願いします!」って挨拶してくるんですけどね。

前にも話ましたが、こういう挨拶はできる限りしていこうと思ってます。先日は、うちの新人のコが雑誌やテレビのオーディションに行くことになったので、私も顔出しして挨拶してきました。私が行って「よろしく頼みます!」って頭を下げるのと、まったく行かないのでは、先方の印象はずいぶん違うと思うからね。
「野田が来た」と思えば、先方も、「じゃああのコ、使ってみようか」って注目してくれるし。こっちも、「このコはこうところがいいんですよ!」ってアピールすればするほど、その気になってもらえますから。

うちのタレントが初めてのバラエティ番組に出るとき、長いドラマに入るとき、舞台稽古が始まるときなども、私が顔を出すと、「野田ちゃん、次もよろしく!」って言ってもらえたりしますからね。こっちもうれしいですよ。
そうやって、人と人とのつながり、つまり人間関係をスムーズにするためにも、心をこめた挨拶はとても大事。私が毎日のように、あちこち回ってプロモーションしているのも、そういうことがあるからです。
もちろん、現場のマネージャーにも挨拶はさせていますが、私が先頭に立ってそういう姿を見せれば、若いマネージャーも人間関係や仕事の基本をつかんでくれるかな、と思って。

ところで、27日の瀬戸早妃のDVD発売の記念イベントにはやはり残念ながら、顔を出せないようです。みなさん、すいません! 早妃の久しぶりのDVDなので本当は私も行きたいところですが、その日は九州…。どうしても行けないため、どうかみなさん、そちらもよろしくお願いします。 
[PR]
by yoshiharu_noda | 2005-02-24 22:19
若い世代の生の声を聞くのも大事!
先日、文京区のあるホールで一般の若い人たちに向けて、講演をしてきました。主催は木鶏クラブ青年部というところ。このクラブは、20代、30代の青年が中心メンバーで、人間学をテーマに懇談しているそうで…。
私なりにやってきた体験しか話せないよ、ということで、“芸能タレントの育成”とそれを通じて学ぶ“人間学”といった内容の講演をしました。

私の場合は、経営というより、マネージメントの仕方、タレントの作り方についての話ですけどね。ブログでも書いてるように、まずは顔と名前を覚えてもらうために、グラビアからスタート。そして、バラエティやドラマへ発展させる話。私流のタレントを売っていく方法の中で、学んだことについて、タレントのエピソードを交えながら話しました。
ただ、それはあくまで今までの私のやり方であって、これからの時代ははたしてそれがいいのかどうか。また、一般の方がどんなタレントを望んでいるのか、というのは、非常に興味があったので、質疑応答の時間は、逆に私からみなさんにも問いかけました。

「あなただったら、どういうキャラクターに興味がありますか?」とか、
「いまお笑いブームの中でどんな子たちがおもしろいか?」とか。
みなさんがどういう子を好むかという話を聞くのは、
こちらとしても、とても参考になりますから。こうして生の声を聞く機会をいただけるのは、とてもありがたいですよ。特に今回は若い世代の人たちだったので、おもしろかったですね。1時間半あっという間に過ぎちゃいました(笑)。

その中で、「今はこういうタイプの子を仕掛けている!」って話もしました。「7月のころからいろいろ出てくると思うので、みなさんぜひ期待してください!」ってね。
今回はいつもの戦略とは違って、グラビアだけでなく、テレビのドラマにも、うまく行けばちょっとしたCMにも同時期に出していけるように、いまあちこち回って仕掛けている最中です。売り込みをかけても、すぐにはうまく行かないから、いまのうちから作り手に顔を少しずつ覚えてもらう作業をしているところ。半年間の先行期間を経て世に出していく、といわけです。
まだまだ先の話ですが、ブログでもそのうち、紹介できるときが来たらまたお話しますよ。

もちろん、それと平行して雛形あきこや山田まりやのステップアップも考えいるし、MEGUMIの次のレコーディングに向けての準備もしています。雅やカレッツァのほうの動きも考えているしね。
そういう意味では、新旧交えてつねにいろいろな仕掛けをしていくのが私の仕事です。
[PR]
by yoshiharu_noda | 2005-02-20 22:08
カレッツァのフットサルブログ、応援よろしく頼みます!
a0015078_19245953.jpg2月14日のバレンタインデーに、カレッツァのフットサルブログがオープンしました!
これからフットサルの試合が多くなってくるし、事務所の業務もやっと落ち着いてきたので、またファンのみなさんと一緒にフットサルを盛り上げて行きたいと思って…。メンバーみんなでブログを作りました。
センターのブログのほかに、メンバー全員が個人ブログも作ったので、それぞれの個性が出ていて楽しめると思いますよ。

オープン前からひとりひとり書き込みの練習をやっていたので、2月14日は全員で足並み揃えて公開できました。練習も毎日のようにやっているので、リアルタイムでがんばってる姿をお知らせできると思います。
本人たちも積極的に書き込みしていますから、ぜひ応援してください。みなさんからの応援メッセージは本人たちのやる気につながりますので、ひとつよろしく頼みます!
よかったら感想も聞かせてください。

そういえば、読者のコメントの中に3月14日までの期間限定?とありましたが、当初は期間限定の予定だったんですけど、反響もいいので3月以降も続けていこうと思います。
この先も、夏に向けてフジテレビのイベントや他流試合などもいろいろあるし、フットサルのメンバーによる歌を歌うユニットなども考えてますからね。
楽しみにしていてくださいよ。

a0015078_19255768.jpg2月14日といえば、もう一つ、渋谷で行われた大山なつのライブの話題もあります。
イベント会場では、集まった男性ファンにチョコレートを配ったりしたそうですが、7名(グループもあり)の女性ボーカルが20分ぐらいの持ち時間の中で、ライブをしたようです。
なつは、3月30日に東芝EMIから発売するCDの曲を3曲歌いました。「サクラ便り」「月へ」「モッキンバード」という曲。その間、トークもあったりして、ファンの方に新しい歌をいち早く聴いていただけてよかったですね。

ちなみに、バレンタインデーの日は、うちのタレントたちが事務所に顔を出してくれて、「社長~、はいチョコレート!」ってくれました(笑)。照れくさいけど、とてもありがたいですね。
[PR]
by yoshiharu_noda | 2005-02-16 19:29
ビジュアル的な素材のいいコ、大歓迎!
今月発売の『オーディション』という雑誌に、新しいタレントの募集記事を掲載しました。春に向けて募集を行う予定ですが、「私こそ!」と思う方がいましたら、ぜひブログのほうへもご連絡を! ただし、携帯の写真だと顔がわかりにくいので、ふつうのカメラやデジカメで撮った写真と履歴書を事務所まで送ってください。

さて、タレントの話が出たので、私が希望しているタレントについて話しましょう。
もちろん、胸の大きい女性、大歓迎です(笑)。最初のころの記事に書きましたが、私は一貫してグラビアにこだわってますから、やはり胸は大きいほうがうれしいですね。
ただ、いまのサンズにはふつうサイズの胸のコももちろんいますよ。大山なつや瀬戸早妃はふつうですし、雅やカレッツァのメンバーにはどちらかというと胸の小さめのコもいます。顔がかわいくてスタイルがいいとか、ダンスがうまいとか、フットサルがうまいとか、他にいいところがあれば、展開次第で人気は出てくるんです。

大山なつや瀬戸早妃は顔がかわいいと言ってくださるファンが多いし、なつは歌中心、早妃は女優をめざして演技もがんばっています。中でも、瀬戸早妃の写真集がけっこう売れるのは、彼女がビジュアル的にいいものを持ってるってこと。胸はふつうだけど顔とスタイルはけっこういいからね。昔は胸が大きいだけで写真集が売れたけど、これからの時代はそれだけじゃない…。胸があればそれにこしたことはないけど、顔とスタイルと何かしらのプラスアルファがあれば売れるというのがわかりましたね。

それにテレビで展開していくには、この前書いたようにトークのセンスも必要。そういう意味では、ある程度、顔やルックスがよくて、しゃべりがうまい子がいいですね。ダンスや歌がうまいとかの+アルファがあればもっといいですけど。もちろん、笑顔がかわいくて性格のいいコ…。
欲張りだって言われますが、やはり素材のいいコがいいな~って思ってます。ファンのみなさんに長く親しまれるタレントを育てるには、そういうコを探し続けたいですね。

*ps:2月14日からカレッツァのブログが公開することになりました!
みなさん、よろしくお願いします!
[PR]
by yoshiharu_noda | 2005-02-12 12:50
地道なプロモーションが大事!
2月5、6日は雅のデビューCDの発売イベントで、名古屋と大阪に行ってきました。私は新幹線で移動でしたが、スタッフとメンバーはバスで移動。6日、東京に着いたのは深夜0時ごろだったので、けっこうハードでしたけどね。

a0015078_13143465.jpgでも、前回のイベント同様、今回もけっこうお客さんが集まってくれたし、取材陣も来てくれたし。ミニライブとサイン会でお客さんとのふれあいもできたので、よかったですよ。
欲をいえば、ライブステージがもう少し広いと、本人たちもハデに飛んだり跳ねたりできたんですが…。どうしても場所の制約があるので、そのへんがなかなか難しくて。もっとハデにやりたかったみたいですけどね。
名古屋のTSUTAYAさんのイベントはサイン会のみでしたが、それでもファンの方とひとりひとり握手ができてよかったですね。

今月の26、27日には九州でもイベントをやる予定です。26日が熊本、27日が福岡。そのときは大山なつも同行しますから、九州のお近くの方はよかったらいらしてください。
27日はもうひとつ、瀬戸早妃のDVDの発売イベントもありますが、私は九州に行ってしまうので、早妃のほうには残念ながら顔を出せないかも…。でも、瀬戸もよろしくお願いします!

こういう地道な活動は、どんな歌手でも一度は通らないといけないもの。特にうちは、地元のファンの方とのふれあいを大事にしながら、地道にプロモーション活動をしていきたいと思っています。ミニライブ&サイン会を通して、少しでも多くの方が、「へえ、雅ってこんなことやってる女のコたちなんだ。おもしろそうじゃん!」って思ってくれて、口コミで広まればそれがいちばん。とにかく一般の人たちにぜひ見てもらいたいので、全国津々浦々これからも回ろうと思ってます。
その都度、新聞の取材に応じたり、地元のテレビに出たりすることも大事だしね。
私はできるだけついていきます。もちろん、あいさつもしますよ。地道だけど、それが大事なプロモーション活動だと思ってますから。

昨日、今日はテレビ局を回って、いま仕掛けているコのプロフィールを持って、番組のプロデューサーに会いに行ってきました。年始のあいさつをした人たちより、もっと現場にいるスタッフたちにね。7月からはどういう番組があるのか、どんなゲストが出てくるのかとかいう情報をもらいながら、新人のコの売り込み兼ねてね。
いまは久しぶりに原点に戻ってのプロモーション活動をしてますが、こういう地道なことも私の仕事の一つ。1からのスタートのつもりで、こつこつ積み上げていこうと思ってます。
[PR]
by yoshiharu_noda | 2005-02-08 23:06
バラエティ番組はいろんな勉強になる!
a0015078_20374260.jpg先日は大山なつの新曲のダビングに立ち会ってきました。3月にセカンドシングルを発売する予定なので、「どうだ!やってるか!」って応援しに行ったんですが。本人は意欲的にがんばってましたよ。
なつは2月14日のバレンタインデーにライブもやる予定なので、その練習もいまやってます。ライブの場所は、渋谷RUIDO K2というところ。なつ以外にも女性ヴォーカルが出るようですが、よかったらぜひ観に行ってみてください。

昨日は小林恵美が日本テレビの『ダウンタウンDX』に初めて出演するということで、私も挨拶がてら収録のスタジオに行ってきました。「こちらの番組では第一歩の日ですから、よろしくお願いします!」てね。小林恵美は、最近、サッポロビールさんのおかげで人前でもおしゃべりする機会が増え、トークもやれるようになってきたので、バラエティ番組にもこれから出していこうかなと思ってね。

バラエティに出れば、芸達者な人たちや共演者がおもしろおかしくしゃべってるから、「自分ももっと勉強しないとな」とか「もっと機転を利かせて、今度はこうやって答えよう…」とか。身をもって体験できるから、すごい勉強になりますよ。本番になったらあとは本人次第だから、「積極的にどんどんしゃべれ!」って言ってますけどね。もともとトークのセンスがないとダメだけど、何度も経験をつむことでトークも磨かれていきますからね。そういう意味で、バラエティに出ることは大事にしてほしいと思っています。

もちろん、ずぶの新人をバラエティには出せませんよ。テレビはそれほど甘い世界じゃないからね。ぜんぜん話せなかったら2度と仕事はこないから…。うちではラジオに出たりしてトークを磨かせたり、ダンスやお芝居の練習をこなしながら、しゃべりがうまくなってから、バラエティに出して行くようにしています。
もちろん、今までバラエティに出して、うまく行かずに失敗したこともありますよ。カメラが回ったとたん、頭が真っ白になってしゃべれなかったとかね。そんな経験も踏まえて、ある程度「この子なら大丈夫だ!」って子を出していくんだけどね。

中には「この子は、バラエティでなくてドラマ中心のほうがいい」とか、「いまはまだグラビアで顔を売るのが先決だ」ということもあるしね。
そういう意味では、その子の個性やポジションに合わせて、今はどうやって展開していくのがいいかを見極めるのも私たちの仕事です。
[PR]
by yoshiharu_noda | 2005-02-04 20:47




Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム