エキサイトイズム エキサイト | イズム トップ | サイトマップ
堀江しのぶが私に残してくれたもの…
今活躍しているうちのコの話をする前に、堀江しのぶの話をもうひとつ…。
彼女は私に大切なものを教えてくれたし、大切なものを残してくれました。
どんな仕事でもいやな顔をせず、けなげにがんばるその姿に、私自身励まされたし、もっといい仕事をさせてあげたい、ということが私の使命でもありました。
そんな彼女が、病気で亡くなったときは、私にとって人生最大のショックでした。当時ファンだった方々のショックも大きかったでしょう。私は彼女とずっと二人三脚でやってきましたから、その後は正直立ち直れないくらい落ち込みましたね。

私は顔に出てしまうタイプなので、彼女の入院中も、病気のことが悟られないように見舞いには行かず、「しのぶ、ドラマや映画の仕事がどんどん来てるぞ! 早く元気になっていっしょに仕事しような!」って電話でいつも励ましていました。
彼女自身もそのころ女優の仕事に意欲を燃やしいて、「今度はこんな役がやりたい!」って目を輝かせていました。
そんな彼女が、最後に息を引き取るとき、私の胸の中で、「社長…わたし、仕事がした…い…」と消え入るような声でささやきました。それが最後の言葉でした。

仕事に一生懸命でがんばってきた堀江しのぶが残したもの。それは何か…。それを受け止めて引き継ぐのが残された私の義務である、と心からそう思いました。
そうはいっても、実際には私の心は抜け殻のようになっていて…。仕事なんてとても手につきませんでしたよ。新人を育てる気力もわかない。堀江しのぶを超えるコはもう二度と出てこないんじゃないか、って思えて…ね。一時は事務所をたたむことさえ考えました。

でも、時がたつにつれ、彼女の最後の言葉はなんだったかって、思い返すことができて…。「仕事がしたい!」っていった言葉。これは私への遺言だと気づいたんです。いつまでも落ち込んでいては堀江しのぶに対して失礼じゃないか、って。彼女の思いを継いで、もっともっといい仕事をして、しのぶのようなタレントを育てていかなければいけない、と覚悟を決めました。彼女の死を無駄にしないためにも。
そんな彼女の死が今の私を、そしてイエローキャブの繁栄を、支えてくれているんです。後世に残るようなスターを育てたい!
今でもときどき、堀江しのぶを思い出しては襟を正しています。
[PR]
by yellowcab2004 | 2004-05-27 15:31
<< コンプレックスを自信に変えさせる! うちのコはぜったい裸にさせない! >>




Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム