エキサイトイズム エキサイト | イズム トップ | サイトマップ
うちのタレントは胸から上が顔だ!
私は巨乳にこだわり続けて…と最初にお話しましたが、正確にいえば巨乳にこだわっているんじゃなくて、雑誌のグラビアにこだわっているんです。つまり、写真へのこだわり。グラビアは目立たないとしょうがないでしょ。
うちのコは裸にしないから、「敵は裸だ。水着を着たままで、いかにして目をとめてもらうか」と考えたとき、やはりグラビアで目が止まるのは、かわいいか、胸がでかいか、なんです。堀江しのぶのころはまだヘアヌードもなかった時代でしたしね。

ただ、かわいいだけじゃ、インパクトが弱い。それに、かわいいだけのコなら、なにも水着になんかしないで勝負すればいいんです。そのかわり、水着にしないとなるとそれに代わる武器、演技力がすごいとか、歌唱力があるとか、目に見えない部分が必要となる。それを売りにするには、お客さんに知ってもらうまでに時間がかかるし、マネージメントするほうも、相当の信念がないとだめなんです。

その点、胸がでかければ、「おっと~、すげぇ!」って。男性なら絶対目が行くと思うんですよ。そのうえ、顔が素朴でかわいいな、って思わせる雰囲気があったら、覚えてもらうのも早い! ファンの心はまずそうやってつかむんです。
私の経験上、一番最初にグラビアをめくっていて手が止まるのは、まず胸のでかいコ! 次に顔を見て「あぁ、かわいいな!」となって、「誰なんだこのコ?」となりますからね。ようするに、わかりやすいのは顔と胸。だから、うちのタレントは「胸から上が顔だ!」といってます(笑)。

で、胸とセットで顔を覚えてもらったら、今度は胸のことを忘れてもらえるように、水着の仕事を少しずつ減らしていって、肌を見せなくてもいい仕事ができるように高めてやる。つまり、そのコのよさを別の面でどんどん出していく。それが私の仕事なんです。

グラビアは私が最初に営業したときに相手にしてくれたマーケットだから、大事にしたい。
そんなグラビアへのこだわりが、結果的に「巨乳にこだわっている」といわれるんですね。でも、そう思われているなら、それはそれでいいんです。お客さんが喜んでくれればいい。それが、イエローキャブの戦略なんですから。
[PR]
by yellowcab2004 | 2004-05-20 15:32
<< うちのコはぜったい裸にさせない! 古瀬絵理さん、がんばれっ! >>




Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム