「ほっ」と。キャンペーン
エキサイトイズム エキサイト | イズム トップ | サイトマップ
グラビア撮影の水着選び、撮り方も念入りに!
今年は台風が多いねぇ。9月に撮影でサイパンに行ったときも、台風18号が日本を通過していたときで…。サイパンにはその2日前まで居座っていたから、ロケ現場も、屋根はすっ飛んでるわ、いろんなものが倒れているわ…で、すごいってもんじゃなかった。

a0015078_17571278.jpgこのときは、うちが絡んでいるパチンコのプロモーション用素材とグラビアの撮影を兼ねて行ってきました。パチンコの企画はお客さんも一緒だったんですが、その合間に自社の撮影もしていたから、スケジュール的にはしんどかったかな。1日目は天気が悪かったしね。でも、なんとか撮り終えて帰って来られました(笑)。

撮影はリゾートホテルで撮ることが多いかな。プールも海辺もあるし、緑もあるし。朝6時半から撮影を始めて11時ぐらいがひと勝負。それから、2時から夕景がきれいに撮れる6時15分までがひと勝負。太陽が真上に来ると明るいだけの写真になってしまうからね。
サイパンにはもう60~70回は行っているけど、日本ではなかなか撮れない雰囲気が撮れます。外国の雰囲気も撮れるし、お天気も安定してるし、何しろ風景というより、海や太陽、夕景の色合いとかが違うんですよ。

a0015078_17574073.jpg今回はそれぞれを3、4誌に掲載予定で、R.C.T.の4人を撮影。タレントによって水着だけで撮影する場合もありますが、根本はるみの場合は、名前も顔も売れてきたから、見せ方を変えないといけないときに来ています。初めのときみたいに、“どうだいこれ!”って水着でば~んと登場というのではなく、水着の上に薄手のものを一枚着せて少し大人っぽい雰囲気を出しました。ずっと同じ撮り方だったら読者に飽きられてしまうからね。
逆に小林恵美なんかは、水着でば~んと見せる。これから一人でどんどん出していきたいから、とにかく顔と表情を覚えてもらえるように、撮ってもらうとかね。

こうして、撮り方はひとりひとり変えることが重要。どういうふうに撮るか、どんな水着を着せるか…。スタイリストが集めた水着や衣装を、最終的に選ぶときは必ず私が立会って決めています。素材とかデザイン、雰囲気とか、着こなしまで考えながら、本人がいる前で一緒に選ぶ。25年前にやってた同じことを、今でもやってますよ(笑)。
ただ撮れればいい、写真は写っていればいい、というわけじゃなくて、その先にある何かを考えなくてはいけない。だからグラビアに出す以上は、そのコそのコで、撮り方、見せ方を考えていくことが大事なんです。
[PR]
by yellowcab2004 | 2004-10-09 17:58
<< 惜しまれてやめた北川友美 MEGUMIのライブ、女性の感性で… >>




Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム